トップページ > FXのデメリット > FXのデメリット

FXのデメリット

数々のデメリット

少ない金額で最大25倍の取引ができるFXですが、きちんと管理しておかないと、大きな損失を出してしまう危険性があります。その一つがFX業者が設定しているトレーダーが証拠金以上の損失を出さないために強制的に保有しているポジションを決済する「強制ロスカット」です。証拠金が足りなかったために、損失を出してしまうタイミングでも強制的に決裁されてしまうのです。
また、為替相場の変動により、レバレッジを利かせた取引をしていると支払い能力以上の損失が発生してしまう危険性もあります。 そして、金利変動のリスクもあります。現在の日本は超低金利なので、どの国の通貨を購入してもスワップ金利は基本的には「受け取れる」状態ですが、日本の金利が上がり、ポジションを持っている国の金利が日本より低くなった場合は逆に支払わなければいけなくなってしまいます

総合人気ランキング

順位 商品名 商品詳細詳細

GMOクリック証券
FX取引高世界一
ネット証券のGMOクリック証券は、株式取引、信用取引の手数料業界最安値水準。FX、外為オプション(バイナリーオプション)、CFDは手数料無料!取引ツール・情報ツールも充実しています。
口コミへ
DMM.com証券
FX取引高世界3位
FX取引高世界3位のDMM.com証券。お試し用のバーチャル取引もあるので初心者も安心して利用できます。マーケット情報も満載でFX/CFDの快適なオンライントレードが期待できます
口コミへ
FXブロードネット
取引コストの安さはトップクラス
スプレッドが「0.3銭から」と 取引コストの安さはトップクラスです。頻繁に取引するトレーダーに人気です。最低取引通貨量は1000通貨のため、小額取引が可能です。しかも手数料は無料。
口コミへ
ヒロセ通商
オリコン顧客満足度ランキングFX部門総合1位
オリコン顧客満足度ランキングFX部門総合1位を獲得。20行の銀行からレートの提供を受けており、その中のベストBID、ベストASKを採用し、とても狭いスプレッドになっています。 最低取引通貨量は1000通貨でも手数料は完全無料です。
口コミへ
FXCMジャパン
クリアで公正な取引環境
スプレッドが狭く、世界のインターバンク為替市場をダイレクトに反映したレートを提供するNDD方式によるフェアな取引環境を実現しています。ディーラーによるレート操作やストップ狩りがなく、クリアで公正な取引環境ができます。
口コミへ

FX業者 比較表

FX業者 手数料 スプレッド レバレッジ 取扱ペア数
GMOクリック証券 無料 米ドル/円 0.3銭原則固定 最大25倍 14通貨ペア
DMM.com証券 無料 0.3銭から 25倍 12通貨ペア
アイネットFX 無料 0.7から1.0銭 25倍 28通貨ペア
レクセム証券 無料 米ドル/円
0.9から1.7
25倍 32通貨ペア
ヒロセ通商 無料 0.5銭から 25倍 50通貨ペア
FXブロードネット 無料 0.3銭から 25倍 24通貨ペア
マネーパートナーズ 無料 0.7銭(原則固定) 25倍 13通貨ペア
セントラル短資FX 無料 1銭 25倍 24通貨ペア
FXCMジャパン 無料 0.6銭 25倍 39通貨ペア