トップページ > 最低準備資金 > 最低準備資金

最低準備資金

資金はいくら必要?

FXは少ない資金で始められるといわれていますが、実際はどのくらい必要なのでしょうか。
FXの取引をするには、証拠金を入金する必要があります。証拠金とは、外貨を取引する際の担保として預ける資金です。 この証拠金を入金することで、証拠金以上の取引ができます。そのため利益が大きくなるチャンスにもなりますが、損失を出すこともあります。その損失が出た際に、証拠金が当てられるのです。

では、証拠金はどの程度用意したらよいでしょう。 多くのFX業者の最低取引通貨量は1万通貨に設定されているので、米ドルだったら1万ドル、ユーロだったら1万ユーロと各国の通貨×1万なので、レートによって必要な証拠金は変わります。

例えば、1ドル80円でレバレッジが25倍だとすると、32,000円が最低必要になります。
例) 80円×10,000ドル÷25倍=32,000円

しかし、証拠金が不足するほどの損失が出たら強制ロスカットになる可能性が高いため、余裕をもって10万円以上は用意しておいた方が良いといわれています。 ただし、最低取引通貨量が低い業者もありますので、少ない金額で始めたい場合は、そのような業者を選ぶとよいでしょう。

総合人気ランキング

順位 商品名 商品詳細詳細

GMOクリック証券
FX取引高世界一
ネット証券のGMOクリック証券は、株式取引、信用取引の手数料業界最安値水準。FX、外為オプション(バイナリーオプション)、CFDは手数料無料!取引ツール・情報ツールも充実しています。
口コミへ
DMM.com証券
FX取引高世界3位
FX取引高世界3位のDMM.com証券。お試し用のバーチャル取引もあるので初心者も安心して利用できます。マーケット情報も満載でFX/CFDの快適なオンライントレードが期待できます
口コミへ
FXブロードネット
取引コストの安さはトップクラス
スプレッドが「0.3銭から」と 取引コストの安さはトップクラスです。頻繁に取引するトレーダーに人気です。最低取引通貨量は1000通貨のため、小額取引が可能です。しかも手数料は無料。
口コミへ
ヒロセ通商
オリコン顧客満足度ランキングFX部門総合1位
オリコン顧客満足度ランキングFX部門総合1位を獲得。20行の銀行からレートの提供を受けており、その中のベストBID、ベストASKを採用し、とても狭いスプレッドになっています。 最低取引通貨量は1000通貨でも手数料は完全無料です。
口コミへ
FXCMジャパン
クリアで公正な取引環境
スプレッドが狭く、世界のインターバンク為替市場をダイレクトに反映したレートを提供するNDD方式によるフェアな取引環境を実現しています。ディーラーによるレート操作やストップ狩りがなく、クリアで公正な取引環境ができます。
口コミへ

FX業者 比較表

FX業者 手数料 スプレッド レバレッジ 取扱ペア数
GMOクリック証券 無料 米ドル/円 0.3銭原則固定 最大25倍 14通貨ペア
DMM.com証券 無料 0.3銭から 25倍 12通貨ペア
アイネットFX 無料 0.7から1.0銭 25倍 28通貨ペア
レクセム証券 無料 米ドル/円
0.9から1.7
25倍 32通貨ペア
ヒロセ通商 無料 0.5銭から 25倍 50通貨ペア
FXブロードネット 無料 0.3銭から 25倍 24通貨ペア
マネーパートナーズ 無料 0.7銭(原則固定) 25倍 13通貨ペア
セントラル短資FX 無料 1銭 25倍 24通貨ペア
FXCMジャパン 無料 0.6銭 25倍 39通貨ペア